介護保険事業

障害者総合支援事業

障害のある人々の自立を支えます

  1. 障害の種別(身体障害・知的障害・精神障害)にかかわらず、障害のある人々が必要とするサービスを利用できるよう、サービスを利用するための仕組みを一元化し、施設・事業を再編
  2. 障害のある人々に、身近な市町村が責任をもって一元的にサービスを提供
  3. 就労支援を抜本的に強化
  4. 支給決定の仕組みを透明化、明確化

居宅介護事業(ホームヘルプ)

障害を持った方たちが、居宅において自立した日常生活を営むことができるよう、食事や排泄、入浴の介護、その他生活全般にわたる援助を行います。

身体介護
食事・入浴・排泄の介助・移動の介助等を行ないます。
生活援助
部屋の掃除・洗濯・買い物・食事作り・ベッドメイキングなどを行ないます。
料金
原則1割の定率負担で、所得税額等に応じて利用者負担限度額が決められます。

重度訪問介護事業

重度の肢体不自由で常に介護を必要とする人に居宅において、入浴・排泄・食事の介護、外出時における移動支援などを行います。

同行援護事業

視覚障害の方が外出する際に、ヘルパーが同行し移動等に必要な援護を行います。

相談支援事業

相談支援専門員が特に計画的な支援が必要とされる方に、サービスのあっせん、調整などを行います。障害者支援に関すること、何でも相談下さい。

料金
サービス計画作成費や相談は無料です。

訪問入浴サービス事業(障害者訪問入浴サービス)

障害を持った方のご自宅に、浴槽(バスタブ)を搭載した移動入浴車で訪問し、入浴の介助を行ないます。

料金
1回 1,250円
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせメールはこちら
つくちゃん
Copyright(c) 2008 shirosatomachi syakaifukusi kyougikai All Rights Reserved.